2005.05.14・禁煙202日目

早いもので、もう200日を過ぎた。
振り返ってみると、改めて、『吸わなくてもいい』ことの素晴らしさを感じる。
吸っていたころは、休憩といえばタバコ、ちょっと空き時間といえばタバコ、何かの節目にタバコという感じだった。
初めてのところに行けば、まず灰皿や、タバコの販売機を探しておかないと安心できなかったし…。
もうそういう必要がない、というのが本当に楽。
さてさて、勤務先のビルのエントランスにあった灰皿が撤去された。
前はビルに入った瞬間オエッ、って感じだったけど、良かった良かった。

Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です