ランニングダイナミクスポッドの電池交換

ガーミン(Garmin) ランニングダイナミクスポッド (Running Dynamics Pod, RDP)の電池交換を行いました。

ガーミン(Garmin) ランニングダイナミクスポッド (Running Dynamics Pod, RDP)の電池交換を行いました。

電池切れの兆候

2021年の3月に購入して1年4か月経った頃。電池切れの兆候は、まず、こんな形で現れました。

RDPの電池切れの兆候


これは、ある日のGCTバランスのグラフです。私の場合、信号待ちの調子が良ければオールグリーン、脚に疲労が溜まってくると、上り区間でバランスが崩れて、グラフ上にオレンジ色がちらほら出てくるようになります。この日は、何もない平坦区間で唐突なバランス崩壊。しかも、同じような挙動が4回。もちろん、心当たりはありません。

まず疑うのはRDPです。そういえば、買ってから電池交換はやってなかったな…と。ネットをググると、電池が減ってくるとGarmin ウォッチの画面上に警告が表示されるようですが、私のForeAthlete 745には、そのような警告は表示されていなかったはず…。

でも、試しに、もう一度ランのアクティビティの画面にしてRDPを接続させてみたら、警告がちゃんと出てくれました。GCTバランスのグラフの乱れは、やっぱり電池切れの兆候だったようです。早速、交換することにします。

電池交換

RDPで使用している電池はCR1632です。

RDPはCR1632を使用

以前、クルマのキーに使った残りかな、引き出しに一つ入っていました。

使用推奨期限は07-2021

使用推奨期限から1年経ってしまっていますが、そこは自己責任で。

交換方法は、公式YouTubeの通り。


  1. カバーから本体を取り出す。
  2. 電池蓋を半時計回りに回して外す。
  3. 電池蓋から電池を外す。

    この手順が地味に面倒だったりしますが、4iiii PRECISIONと同じタイプなので養生テープを使うと捗ります。
    電池蓋の裏には間違えないように極性が記されています。

元に戻すときは、逆の手順で行えばOK。
シリコンカバー内側には突起があるので、RDP本体の窪みと合わせましょう。

動作確認

翌日の朝ランのGCTバランスはこんな感じになりました。

RDPの電池交換後

ちょっと疲れが溜まってきているときの、いつものグラフになりました。RDPは問題なく動作しているようです。12分頃に見られるスパイク値は、信号待ちによるものなので問題なしです。

おまけ(紛失防止)

ちなみに、先ほどから、ちらちらと写っている白い紐は、落下防止用に付けたものです。

RDPの落下防止

先端にNite Izeの小さなカラビナを付けていて、ランニングパンツの紐を結んだループにパチンと留めています。実際、ランニング中にパンツから外れてしまったことはないのですが、外し忘れて洗濯機にドボン!というミスは、何回か防いでくれました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
Share this :

投稿者: katsu

職業: 金融系SE 好きな音楽: YMOとその周辺/サカナクション/アンビエント ウェブサイトURL: https://www.ktktmt.com 一言: シンセ(JUNO-106, CS-5, V50) / MTB(MuddyFox 1991) / バス釣り / 写真(K100D)…、 最近はロードバイク(ARGON18 KRYPTON 2015 & Corratec FORCIA CA+ 2012)にハマってます。モノが好きなのでいつも物欲沼に埋もれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。