ニューバイクはLOOK 785 HUEZ RS! ~①邂逅編

突然ですが、このたび、新しいバイクを迎えました。
既にタイトルでバレてますが、LOOK 785 HUEZ RSです。

滅多にないことなので、何回かに分けて綴りたいと思います。

バイク選びの顛末記

2016年1月から乗っているKRYPTON号も、もう3年半が過ぎました。
気に入っているし、特に不満も問題もないのですが、
昨年あたりから何となく次のバイクを考えるようになっていました。

私はガチなヒルクライマーではありませんが、
山がちなグンマーでは、どうしても上りを意識します。
できれば、上りが少しでも楽になりそうなバイクが欲しいところです。

納得いくものを選びぬいて、ショップでポーンと国内正規品を買う。

こんな器量があったら何も困らないのですけどね…。
FORCIA号もKRYPTON号もガイツーでお得にゲットしてきた私。
次期バイクもやっぱりガイツーが本命です。
もしも心を動かされるような邂逅があれば考えてみよう。
そんな感じで、ゆるゆるとチェックしてきました。

始まりはなぜかエアロフレーム

なかなか物欲に火が付かずに月日が流れていきましたが、
ようやくゾワゾワ…となったのが今年の5月頃。
ベラチでディスカウントされていたのは、cervélo S3でした。

いきなり「上りが少しでも楽になりそうな…」に矛盾してますけど。(^^;
でも、エアロフレームがカッコ良すぎ!
上りが遅いことの言い訳にもできるし!(^^;;
…なんて、真剣(?)に検討を開始。

でも、S3だったらディスクブレーキがいいよなぁ…とか、
あれこれ考えているうちに完売。
ディスクブレーキモデルだったら、今頃乗ってたかもしれません。
ケーブル完全内装は超絶カッコいいのです。

まあ、縁がなかったということです。

ベラチでLOOK祭りがキター!

cervélo S3 で火が付いた物欲。
ベラチをチェックする機会も一気に増えました。
そして来たのが Look 785 2019 Summer Promotion でした。

CBNでも取り上げられましたね。

ディスカウントされていたのは、785 HUEZ の完成車、3モデル。

785 HUEZ DISC (¥275,320)
785 HUEZ RS (¥360,538)
785 HUEZ RS DISC (¥438,053)

最近の LOOK は奇抜なスタイルが目立つ印象でしたが、
785 は至って「普通」なのが良いですね!
憧れの LOOK 、聖地 HUEZ 、これはヤバいヤツじゃないですか!

無印DISC なら手が届くか!?

ここで真っ先に惹かれたのは、785 HUEZ DISC (無印DISC) でした。

これなら20万円台!手が届きそう!!
またもやゾワゾワ…。

この、”RS” の付かない “無印” ですが、
“RS” よりは重量があるものの、快適性が上がっており、
山岳グランフォンドに最適なコンフォート・クライミングモデル
と謳われています。
コンセプト的に、ディスクブレーキとの相性も良さそうです。
メカ好きとしては、ディスクブレーキは弄ってみたいところです。

セール期間にはまだ余裕があったので、腰を据えて検討を進めます。

すると、日に日にネガティブ要素が次々と…。

    • ディスク用の工具類も揃える必要がある
    • 実はKRYPTON号よりも重量がある
    • すぐに軽量ホイールが欲しくなりそう
    • エンデュランス系のKRYPTON号とキャラが被り気味

一時はポチる寸前までいった “無印DISC” ですが、二の足を踏むことに。
コンセプトには惹かれるものがあります。
キャラ被り問題も目をつぶりましょう。
しかし、後からお金が色々かかりそうなのがなぁ…。

真打RSを見てしまったらもう…

“無印DISC” はポチる寸前でトーンダウンしてしまったわけですが、
その一因としては、”RS” の存在も大きかったのかもしれません。
なにせ、”785 HUEZ” でググると、ヒットする大半は “RS” なのです。
これではたまったものではありません。

“RS” は “無印” の上位グレード。
資金的なハードルも高まりますが、試しに検討してみることに。

“RS” の謳い文句は 、
LOOK社の威信をかけて開発されたスーパー・クライミングバイク』。

それならば軽量命。
ディスクブレーキという選択肢は外して考えます。

    • 工具類は今のもので大丈夫
    • 夢の6kg台もいけそう
    • 大したものはないけど今のホイール資産が活かせる
    • KRYPTON号とのキャラ被りもなし

…と、
“無印DISC” のネガティブ要素は全て払拭できるではありませんか!
もう、この時点でニヤけだす始末。

しかし、そこには一番の問題が残っています。
“無印DISC” との価格差は約9万円。これは大きい!

でも、ちょっと長い目で見てみましょう。
“無印DISC” で、やれ工具だ、やれ軽量ホイールだと、
芋づる式に出費がかさむことを考えれば、
逆に “RS” の方が安くつきそうではないですか!?
何ということでしょう!!

ニューバイク決定!

そんなこんなで…、
ニューバイクは LOOK 785 HUEZ RS に決定!

ワタシは五十路過ぎのド貧脚。
“RS” なんて、身の程知らずもいいところです。
でも、この先こんなバイクに乗るチャンスは二度とないでしょう。
高い買い物だからこそ、後悔はしたくない。
そんな風に考えてみたら、もう心は決まっていました。

先にもチラッと書きましたが、 LOOK は憧れていたブランド。
そんなことを思い出させてくれたのは、
クラブの部長さんに S3 のことを話したときでした。
「サーヴェロ?なんかイメージと違うなぁ…。」
「 LOOK とかなら分かるけど…。」
…と。
なぜ LOOK なのかは謎。
でも、そう言われてみれば、その昔、LOOK に憧れていたよなぁ…と。

今から30年ほど前、「ロードレーサー」に乗っていた学生時代の私。
革新的な LOOK のビンディングペダルには手が届くはずもなく、
ごく普通のトゥストラップ運用でしたけど、
ボトルだけは LOOK のモンドリアンカラーでした。
そのボトルは、自転車ごと知人に譲ってしまいましたが、
懐かしい!

私にとって、自転車趣味のルーツ的な LOOK 。
その LOOK への意識がちょっぴり高まっていたところに、
タイミング良く来た、ベラチの Summer Promotion
これも運命だったのかなぁ…。

さて、今回はここまで。
次回は、注文してから届くまでを書きたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへ
Share this :

投稿者: katsu

職業: 金融系SE 好きな音楽: YMOとその周辺/サカナクション/アンビエント ウェブサイトURL: https://www.ktktmt.com 一言: シンセ(JUNO-106, CS-5, V50) / MTB(MuddyFox 1991) / バス釣り / 写真(K100D)…、 最近はロードバイク(ARGON18 KRYPTON 2015 & Corratec FORCIA CA+ 2012)にハマってます。モノが好きなのでいつも物欲沼に埋もれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です