SUPACAZ FLY CAGE ANO(スパカズ フライケージ アノ)

冒頭の写真は、昨日アップしたハルヒル試走記事からですが、ちょっぴりイメチェンしたの、分かりますかね~。

はい、タイトルでとっくにネタバレしてますが、ボトルケージです。
SUPACAZ(スパカズ)のFLY CAGE ANO(フライケージアノ)にしてみました。

バーテープに引き続き、2個目のオイルスリックなアイテムとなります。

重量測定

重量測定してみましょう。

IBERA IB-BC10-BK

これまで使ってきたIBERA(イベラ)IB-BC10-BKも改めて測ってみます。公表重量:30 gと、こちらもアルミの割に軽量なタイプです。

[本体]28 g + [ネジ]4 g = [合計] 32 g。
公表値-2 g。なかなか優秀。

SUPACAZ FLY CAGE ANO

SUPACAZ FLY CAGE ANO はアルミ製ながら公表重量:18 g の軽さを謳っています。実測値はどうでしょうねぇ…。

[本体]23.5 g + [ネジ]2 g = [合計] 25 g。
本体は、23~24 gを行ったり来たりしていたので 23.5 g としています。
公表値+5.5 g。むむむ…。辛うじて 7 g の軽量化ですね。

装着

装着してみました。

ボトルを刺していない状態だと、ギラギラとかなり派手な印象ですが…、

ボトルを刺すとかなり落ち着きますね。(^^;

HUEZ号にも似合ってると自負しています。 (^^;;
オイルスリックのグラデーションカラーの中にモンドリアンの赤・黄・青的な要素が見見えませんか?見えますよね!?

インプレッション

SUPACAZ FLY CAGE ANO は当初、手持ちのどのボトルを刺してもかなり窮屈な状態でしたが、じわーっと力を加えれば太さを調整できます。IBERAも同様に調整できますが、そんなときに感じる剛性感は、IBERA よりも FLY CAGE の方が断然高い印象です。

IBERA は右方向、FLY CAGE は上方向と、抜き差しの方向が違うので少々心配でしたが、FLY CAGE は開口部が大きくボトルをキャッチしやすいため、全く違和感なく使えました。

ボトルの抜き差しの使用感は、ボトルとの相性に大きく依存すると思います。アルミ製のボトルケージは太さの微調整ができるので、好みの使用感にチューニングしやすいですね。カーボンや樹脂ではそうはいきません。

まとめ

使ってみなければ分からないということで、今回はダウンチューブ側だけを交換しました。 見た目も使い勝手も大変満足しています。
シートチューブ側のツールボトルは、ELITE CUSTOM RACE に刺していますが、過去に一度落下したことがあるんですよね…。試しにツールボトルを FLY CAGE に刺してみたところ、こっちの方が保持性が高そう。近々もう一つ買うことになりそうです。

ちなみに、私が買ったのはこちらです。

お財布に優しいノーマルカラーのものはこちら。

さらに、限定カラーのものもあります。

どれも美しくて、他のカラーも欲しくなりそうでキケン!

にほんブログ村 自転車ブログへ
Share this :

投稿者: katsu

職業: 金融系SE 好きな音楽: YMOとその周辺/サカナクション/アンビエント ウェブサイトURL: https://www.ktktmt.com 一言: シンセ(JUNO-106, CS-5, V50) / MTB(MuddyFox 1991) / バス釣り / 写真(K100D)…、 最近はロードバイク(ARGON18 KRYPTON 2015 & Corratec FORCIA CA+ 2012)にハマってます。モノが好きなのでいつも物欲沼に埋もれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です