急場しのぎのザフィーロでトレーニング

トレーニングのための急場しのぎで、Vittoria ZAFFIRO を装着しました。
IMG_1649.JPG
ネットで調べるとやたら評判が悪いので気が引けましたが、せっかくの休日に走れないよりはマシですからね。(本命のPRO4はいつ届くかな…。)
FORCIAの完成車に装着されていたのは、CONTINENTAL Grand Prix。700×24cというちょっと珍しいサイズ。
ザフィーロは23cなので若干細身になるのですが、ワイヤービードということもあり、持った感じからして重たいです。
細身なので走りが軽くなるのか、それとも重量増で重たくなるのか…どんな違いが出るのでしょうか。。。
さて、さっさと交換を済ませて、いつものコースへ!

出発してから10分後、すぐに評判悪い理由が分かりました。
手信号を出してからブレーキングしてサクッと左折しようとしたのですが、いつものようにブレーキングしたところ、いとも簡単に後輪がロック!
いきなりヒヤッとさせられましたが、ハンドルが真っすぐな状態だったので事なきを得ました。
下り坂でブレーキングの限界を試しながら下ってみましたが、なんとも予測不可能な挙動なんですね。
限界を超えたときに、いきなりツーっと滑る感じ。というか、滑りだすとなかなか止まらない感じ。
まぁ、とにかく限界が低いことは分かったので、その後はいつもより慎重に流してきました。
下りのヘアピンカーブが怖かったこと!((((;゚Д゚)))))))
気になる走りの違いですが、前線通過の暴風の中だったこともありますが、はっきり言って分かりませんでした。(^^;
あ、乗り心地はGRAND PRIXよりはゴツゴツ感が強めでしたね。(空気圧はGRAND PRIXの時よりも若干低め)
こんなザフィーロですが、耐久性には優れているようですね。
PRO4が届いたら即交換でしょうが、ローラー台でもあればザフィーロも有効活用できるのになぁ。。。あ、ホイールも欲しくなりますねぇ。。。
こうやって物欲の泥沼にはまっていくんですねぇ…ヤバいヤバい。

Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です