100円ショップでセンサーマグネットのネオジム化

100円ショップのダイソーに買い物に行ったとき、ちょっといいモノを見つけました。
2013-04-04 15.03.16.jpg
その名も超強力マグネット
ほどよい大きさの円形のネオジム磁石ということとで、ピンと来て反射的に買ってきてしまいました。
ガーミンなどのケイデンスセンサー用マグネットは、通常、クランクにタイラップで固定しますが、その替わりにペダル軸の裏側にくっつけたネオジム磁石を使用するというのは、ネットで良くみかけるカスタマイズですね。
ネオジム磁石は、磁石専門企業からの通販で安く手に入るようですが、今回購入したのは4つで100円。1つあたり25円という格安さ。
そもそも、なぜこのカスタマイズをしたくなったのか。
私はTOPEAKのHYBRID ROCKETをフレームに装着しているのですが、ガーミン純正のセンサーマグネットを付けた状態だと、クランクとのクリアランスが結構ギリギリ。
2013-04-04 15.47.36.jpg
HYBRID ROCKETのブラケットは、ボタンをワンプッシュで台座部分からブラケットが取り外せるようになっているのですが、このクリアランスを確保しようとすると、台座の取付位置をなるべく内側に調整せざるを得ません。すると、取り外し用ボタン部分がボトルケージの陰になり、どうしても押せなくなってしまうのです。
せっかくの機能が使えないのではもったいないので、センサーマグネットのネオジム化をやってみようかな…と考えていたところ、絶妙なタイミングでネオジム磁石を見つけた、というわけです。
早速、センサーマグネットのネオジム化をやってみました。
2013-04-04 15.49.32.jpg
1⃣タイラップをカットしてガーミンのセンサーマグネットを撤去。
2⃣ペダル軸の裏側に『超強力マグネット』を1つ装着。
3⃣センサー本体と、ホイールマグネットの位置を調整。
…で完了!動作テストしてみると、バッチリ反応してます。
気になっていたHYBRID ROCKETとクランクとのクリアランスがどうなったかというと、
2013-04-04 15.50.02.jpg
台座を目いっぱい外側に調整しても、こんなにクリアランスが確保できるようになりました。
参考までに重さを量ってみました。グラム単位までしか量れない量りですが。。。
2013-04-04 16.23.59.jpg 2013-04-04 15.21.28.jpg
ガーミンのセンサーマグネット+固定用タイラップが4g。
それに対して『超強力マグネット』が2g。
しめて、2gの軽量化にもなりました。✌
交換後、ハルヒルの試走や激坂でのトレーニングなどやってますが、センサーの誤作動や、マグネットの脱落などは発生していません。快適です。😃

Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です