次のヒルクライム用タイヤはGP4000S2に決定

TOKEN C22Aのタイヤを近々交換します。
前回の記事(次のヒルクライム用タイヤは…)で予告していたとおり、CONTINENTAL GP4000S2 です。
合わせるチューブは、個人的に絶大な信頼を置いている Michelin AIRCOMP Ultra Light 。
IMG_7148_R.JPG
昨年は Panaracer RACE L EVO3 / R’AIR の組み合わせでした。
RACE Lは軽い点は良かったのですが、減りの速さが…。
あげくには、赤城山HCの下山時にパンク。
試走もたくさん行きたいし、試走からこのホイールを使いたいし。
ビクビクしながら走るのは楽しくないので、昨年よりも耐久性が高い方向に振ってみました。
まず気になるのは重量増。
測ってみました。単位はgです。
組み合わせ タイヤ チューブ 合計
RACE L Evo3
R’AIR
179+175
=354
70+69
=139
354+139
=493
GP4000S2
AIRCOMP UL
202+204
=406
80+80
=160
406+160
=566
差分 +52 +21 +73
前後合わせて73gの重量増ですか…。
重くなるのはもちろん分かっていましたが、いざ数字を目の当たりにすると萎えてしまいますね。
転がりの良さで定評のあるGP4000S2ですが、重量増分をどの程度カバーしてくれるかな…。
残りは、エンジンの軽量化でカバーかな…。
ま、精進あるのみですね。
ヒルクライムレースの会場でも良く見るGP4000S2
私は初めて履くので、どんなフィーリングなのかが楽しみです。
Continental GRAND PRIX 4000 S II
by カエレバ
MICHELIN AIRCOMP ULTRALIGHT
by カエレバ
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です