ディレイラーハンガーの交換

どうもKRYPTON号のRDがビシっと決まってくれません。
…と、先日のハルヒル練の記事でもボヤいていましたね。

そのときは大丈夫そうに見えたのですが、
やっぱりディレイラーハンガーが曲がっていたのでした。

実は、ハンガー曲りの原因には心当たりがありまして。。。

顛末記

この日、この写真を撮る直前に、倒してしまったのです。
しかも右側に。

ざっと確認する限りでは、
被害はバーエンドミラーの脱落と、フロントのチェーン落ちだけ。
どちらもリカバリーして、帰路についたのですが…。

2kmほど進んだあたりでしょうか。
信号待ちでローにシフトしたら、後輪のスポークに何かが擦れる音が!

チェーンがローギアを超えそうになっていたのでした。
その後は、ローギアを使わないようにして、無事に帰宅できましたが、
アブナイアブナイ、
チェーンがスポーク側に落ちてしまっていたらアウト!でしたね。(–;;

落ち着いてチェックしてみると、
プーリーケージがホイール側に寄っていました。
目視では、ハンガーは曲ったようには見えません。
でも、KRYPTON号のRD-6800は”GS”ということで、
ほんの僅かな歪みでも大きく影響してしまうのでしょうね。

その日は、手で何となく良い感じに矯正できたので、
RD調整だけやって、様子見にしていました。

その様子見ライドが、冒頭のハルヒル練。
RD調整はしっかりやったつもりなのに、
ギヤが鳴ったり鳴らなかったり…。
やっぱり、ハンガーを交換しないとダメかな…となりました。

ディレイラーハンガーの交換

緊急用の汎用ハンガーが存在することは知っていましたが、
フレーム付属のハンガーにも、ある程度の汎用性があるんですね。

Yahoo!ショッピングで見つけた、”96B”というタイプをポチ。

適合車種に”KRYPTON”もありました。
他には、Carrera、Cinelli、DeRosa、GT、Willier、Corratecなどなど…。
Corratecがあるということは、FORCIA号もコレでいいのかな。。。

届いた物は、塗装の質とかは、まぁそれなりですけど、
付属のネジにロック剤が塗ってあるあたりは、なかなか好印象です。

さて、交換。

元々のハンガーは、ネジロック剤を使ってなかったのか、あっさり外せました。

…というか、片方のネジはかなり緩んでいたので、
もしかしたら、これもRD不調の原因の1つかも。。。

新旧ハンガーの比較です。

適合情報通り、バッチリ同じ形。
新品ハンガーの取付もサクっと完了しました。
RDの調整まで終えて、ひとまずは良い感じになったかな。

ハンガーの歪み

外したハンガーを平らな面に置いてチェックしてみました。

すると、やはり、僅かですが歪みが残っていました。
(写真の左側が少し浮いています。)

次回のライドで不具合が出なければ、
全てこれ(と、ネジの緩み)のせいだ…ということにして完結予定です。

歪んだハンガーでも、折れたときの緊急用にはなるでしょうから、
ツールケースの中に入れておこうと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
Share this :

投稿者: katsu

職業: 金融系SE 好きな音楽: YMOとその周辺/サカナクション/アンビエント ウェブサイトURL: https://www.ktktmt.com 一言: シンセ(JUNO-106, CS-5, V50) / MTB(MuddyFox 1991) / バス釣り / 写真(K100D)…、 最近はロードバイク(ARGON18 KRYPTON 2015 & Corratec FORCIA CA+ 2012)にハマってます。モノが好きなのでいつも物欲沼に埋もれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です