ORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグ マイクロ、これいい!

昨晩の記事で、サドルバッグをポチる予告のようなことをしていた訳ですが…、
今朝10時前に届きました。
夜の配達コースかと思っていたのですが、今回のAmazonは本気のようです。(^^)
予告どおりのORTLIEB(オルトリーブ)のSADDLE-BAG MICRO(サドルバッグ マイクロ)です。
IMG_5107_R.JPG
ご覧のとおり、色はスレート。
IMG_5108_R.JPG
マウントや取扱説明書などが、サドルバッグの中身に入っていました。
早速、必要な物が収まるか確認してみます。
私が普段ツールボトルで携行しているのは、これらの物です。
IMG_5109_R.JPG
  1. クリート金具
  2. TOPEAK レスキューボックス
  3. ビニール手袋
  4. ワイヤーロック
  5. タイヤレバー 2本
  6. タイヤチューブ
  7. タイヤブート
  8. TOPEAK ヘキサスII
この4年間、それなりにトラブルがあったので、その度に携行品が増えたり減ったりしてきました。
TOPEAK レスキューボックスは、パンク修理キットに加えて、チェーンピンとミッシングリンクを収めることができて、重宝しています。
TOPEAK ヘキサスII は、チェーン工具もついた携帯工具です。
これらをざっと詰めてみます。
IMG_5110_R.JPG
ちょっと雑然としていますが、
IMG_5111_R.JPG
最小の形態で収まりました。
ロールアップ式なので、もう少し、容量を拡張することができます。
チューブをもう1本いけるかな…という感じ。
今まで使っていた、TOPEAK のAero Wedge Pack(エアロ ウェッジ パック)のSサイズと比較してみます。
IMG_5112_R.JPG IMG_5113_R.JPG
容量的にはTOPEAKの方が大きいのですが、ORTLIEBの方が四角くて詰めやすいですね。
続いて重量測定。
IMG_5114_R.JPG IMG_5105_R.JPG IMG_5104_R.JPG
実測111g
※マウントを含む
実測97g
実測79g
ふーん、という感じですけど、ツールボトルは軽い点もメリットであると再認識。
いよいよ、KRYPTON号に装着。
IMG_5115_R.JPG
サドルバッグを付けた時の角度を考えて、マウントをサドルレールに固定します。
ちょうど、水平から斜めに上がる角の部分に付けるといい感じ。
見た目もすっきりしていていいですね。
ちょっと漕いでみましたが、気になる太ももへの干渉は…、一切なし!
後ろに見えているのが、普段KRYPTON号が眠っている物置ですが、この出し入れも、シートポストをつかめるので楽チンです。
これ、いいじゃないですか!
いつかもっと大きいサイズが欲しくなっても、同じマウントで付け替えできるというのもいいですね。
ちょっと衝動的でしたが、良い買い物をしました。
ORTLIEB SADDLE-BAG MICRO、おすすめです!
オルトリーブ(ORTLIEB) サドルバッグ マイクロ スレート F9651
by カエレバ
ところで、『オルトリーブ サドルバッグ 改造』でググると、たくさんのサイトがヒットしますが、みなさんが改造したくなる理由はよくわかりました。
私も近々改造しようと思います。
ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です