ORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグ マイクロ、サクッと改造!

金曜日の晩から始まったORTLIEB(オルトリーブ)のSADDLE-BAG MICRO(サドルバッグ マイクロ)のお話も、今日でひと段落です。
関連記事
皆さんがよくやられている『改造』ですが、私もご多分に漏れず行いましたので、そのレポートです。
『オルトリーブ サドルバッグ 改造』でググるとたくさんのサイトがヒットする、というのは昨日も書いたとおりですが、『マイクロ』の改造を行っているサイトがなぜかヒットせず…。
まぁ、改造しなくても、これら+チューブ1本程度は収納できます。
IMG_5109_R.JPG
  1. クリート金具
  2. TOPEAK レスキューボックス
  3. ビニール手袋
  4. ワイヤーロック
  5. タイヤレバー 2本
  6. タイヤチューブ
  7. タイヤブート
  8. TOPEAK ヘキサスII
…が、このナットの出っ張りは使い勝手を相当悪くしています。
IMG_5117_R.JPG
先輩諸氏に倣って、私も改造します。

■用意したもの

マイクロの場合、5箇所のねじを交換します。
IMG_5118_R.JPG
  • トラス小ねじ(4×10)
    できれば、低頭や、極低頭/超低頭のねじの方が良かったのですが、田舎のホームセンターには置いておらず、これで我慢。
  • ふくろナット(M4)
    サドルバッグの外側がナットになるように締めますので、ふくろナットの方が指先を切ったりする心配がなくて良いです。
  • ワッシャー
    写真にはありませんが、ネジ側/ナット側ともにワッシャーを使った方が良いです。
  • ネジやま救援隊るゆみ止め
    サドルバッグの落下・紛失は悲しいので。
あると捗る工具達。
IMG_5122_R.JPG
  • トルクスレンチ(T-15)
    マイナスドライバーでも大丈夫ですけど、あればトルクスレンチの方が良いです。
  • スパナ(12mm)
    メガネスパナは楽ちん。
  • スタビードライバー
    サドルバッグ内のねじを回すので、こういうのがあると良いです。

■ねじの交換

ねじを交換するだけなので、敷居は低いですね。
IMG_5119_R.JPG
トルクスねじにはマイナス溝も切られているので、マイナスドライバーでもいけます。
締め付けトルクも意外と低いので、なめる心配はないでしょう。
ねじの比較です。
IMG_5120_R.JPG
画面上側が、サドルバッグ内に出っ張る部分となります。
防水のため、こんなに大きなナットを使っているようです。
サクッと5箇所のねじを交換して完了です。
改めて、交換前と交換後を比較してみましょう。
IMG_5117_R.JPG IMG_5121_R.JPG
交換前 交換後
だいぶ使いやすくなりました。
これで、一番奥に、タイヤチューブを2本並べて収納できます。
ロングライドも安心。マイクロの守備範囲がさらに広くなりますね!
私の場合はトラス小ねじを使っていますが、低頭ねじにすればさらに出っ張りが小さくできます。

■さらに使いやすくする工夫

さて、マイクロだと、小さいが故に中身の整理は少々やりづらい面があります。
この大きさで整理もクソもあるか!という感じですけど、ジップタイプのツールケースを使い慣れてしまうと、このあたりが不満になってしまいます。
ちょうど良い巾着袋があったので、使ってみました。
IMG_5123_R.JPG
ゲータレードのタグが付いているので、ペットボトルに付いていたオマケですね。
これを使ってみたら、出し入れがとっても楽だし、小さいものを紛失するリスクを小さくできそうです。
というわけで、改造+αのレポートでした。
ますます使いやすくなって大満足です。
オルトリーブ(ORTLIEB) サドルバッグ マイクロ スレート F9651
by カエレバ
ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です