ビブパンツの修理・その1(依頼編)

スケスケになったビブパンツ、補修してもらっています。
IMG_6025_R.JPG
そう、パールイズミには修理サービスがあるのです!

まずは相談

まずはお客様相談窓口に電話してみました。
状況を説明すると、すぐに理解していただけた様子で、丁寧に説明してくださいました。
3年も経過していると、生地に編みこまれているポリウレタンが劣化してくるようです。
担当の方がおっしゃるには、当て布を外から当てる感じの補修になるので、見た目が悪くなってしまうかも…とのことでしたが、サブとして着回すのに使えれば充分なので無問題です。
気になる値段は、返却時の送料、消費税込で1,500円との見積。
依頼時の送料は別途必要ですが、この値段でお気に入りのビブパンツが延命できるのですから、安いものです。
喜んでお願いすることにしました。

発送

元払いで発送する必要があるので、発送方法は少し考えたいところですね。
私は日本郵便のクリックポストを使ってみました。
サイズもちょうど良いし、全国一律164円、自宅でラベル印刷、ネット決済、ポストから発送、トラッキング可能…と、なかなか使い勝手の良いサービスです。
A4封筒を使えば縦横のサイズは大丈夫なのですが、厚みは3cm以内に収める必要があるので、少し気を使いました。
グンマーのポストに朝イチで投函して、翌日午後に配達済になりました。
…と、今回はここまで。
修理には数週間かかるようですので、届いたら、またレポートしたいと思います。

3週間後に、修理が完了して戻ってきました!
追加のレポートもご覧ください。

Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です