敗戦。。。

3/17は二回戦でした。

なんと、レフトの子が前日にインフルエンザでダウンしてしてしまい、急遽、四年生を交えて臨むことになってしまいました。
エースの子も前日熱を出して心配されたのですが、試合には出られることになり、一安心!(ー。ー)

さて、我がチームはいつものように先攻をとり、いよいよ試合開始!

序盤に4点先取し、安定した流れに乗ったかのように見えたのですが、魔の4回辺りから、2点、3点…と、ついに追いつかれてしまいました。
最終回の相手の攻撃では逆転サヨナラのピンチを迎えましたが、3-本間の挟殺ゲッツーで切り抜け、サドンデスへ!

少年野球のサドンデスは、満塁にした状態からプレーするというもの。
最終回にいい感じでピンチを切り抜けたので、この流れなら行けるぞ!と思ったのですが、結果的に、6-7xでサヨナラ負けしてしまいました。冷静に考えると、こちらは下位打線から始まるのに対して、相手は上位打線。状況的には相手の方が有利だったのかもしれません。。。

4点もリードしていたのに敗れてしまった原因は、要所要所でエラーが出てしまったことでしょう。
エラーの数は両チームとも変わらなかったようですが、こちらのエラーはタイムリーが多かったのです。

しかし、試合には敗れても野球には買った!と言っていいほど、たくさんの収穫も得られました。
試合直前に練習したツーラン・スクイズは決まったし、ゲッツーも2つ。挟殺プレーも成功!
それより何より、後でコーチに聞いた話しでは、チームの状態が最高に良かった、とのこと。
エラーをしても励ましあっていたし、サドンデスでピンチになっても、『絶対にあきらめないぞ!』と声を掛け合っていたそうです。こんなに勝利にむかって前向きになれたのは初めてのことでしょう。
そんな雰囲気が伝わったのか、スタンドから見ていても、鳥肌が立つような、素晴らしい試合でした。

試合後、子供たちは帰り道の車の中でも号泣。親も自然とウルウルと…。
いつものグラウンドで解散した後、新6年生は反省会をしました。
一人一人、悪かった点を声に出して言い、みんなでそれに対して考えました。
これらも大事な収穫です。
せっかく得られた収穫を生かして、6月から始まる最後の大会では、ぜひ上を目指して欲しいと思います。

さてさて、我が子のことを書きます。
4打数3安打の猛打賞。サドンデスでも2打点
バッティングは、彼にしては文句なし!の出来でした。
試合前の練習では思うように打てず、ワンワン泣いていたのに…。逆にそれが良かったのかな…。
守備の方では、サドンデスの裏に上がったセンターフライをポロしてしまいました。
強風で打球が流され、体勢が崩れてしまったようです。
しかし、一度グローブに入ったものを出してはいけません。
あとは走塁かな。
1塁ランナーのときに盗塁のサインを見逃し。
2塁ランナーのときも、リードした状態でサインを見ていて牽制アウト!
この辺りも練習していかなければなりません。。。
これからやるべきことが良く分かったので、オヤジもがんばります!

試合後、エースの子は病院で検査したそうです。
結果、インフルエンザB型=陽性。。。
試合中も、さぞかし辛かったことでしょう。
そんな状態で、あのすごい試合を投げぬいた彼に、心からエールを贈りたいと思います!

Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です