古いMTBのシフター空打ちを解消!

6/5(金)は、久しぶりにMTBで通勤しました。
片道10km弱、高低差は100mほどのルートです。
私のMTBは1991年式のARAYA Muddy Fox。(ちょっと古い写真ですけど。。。)
2013-04-04 10.52.13_R.jpg
年代ものなので、ちょっとした(?)不具合はあります。
中でも、一番困っているのは、FDシフターの問題。
IMG_4015_R.JPG
アウターにシフトしようとしてもクリック感がなく、戻ってしまうのです。
(『空打ち』という症状らしいです。)
真ん中はたまに止まってくれるので、せいぜい内側の2枚しか使えません。
ちなみに、コンポは当時の DEORE DX です。
通勤の往路は下り基調なので、アウターが使えないのはかなり不便。
自然とケイデンスが上がり、心拍数もつられて上がりまくり…。
朝から汗をかきたくないのに…。
ネットで調べてみると、古くなったグリスの固着が原因であることが多いとのこと。
早速、シフターの隙間からシリコンスプレーをプシュッとやってみました。
すぐには効果は現れなかったのですが、何回かレバーを動かすと、バッチリ!
アウターでも止まってくれるようになりました!
こんなに簡単なことなら早くやれば良かった~。
でも、スプレーではすぐに再発しそうなので、あとで分解掃除&グリスアップしたいと思います。
あとは、普段乗ってるロードに較べて、サドル位置が前すぎる感じがしたので、後退させたり。
すごく乗りやすくなりました!
それから、せっかくいただきものの片面SPDペダルも付けたに、まだMTBシューズがありません。
早く買わないとな~。
今年で24歳になるMTBですが、気になる不具合が解消するとますます愛着が湧きますね。
あまり出番はありませんが、まだまだ乗りますよ!
あ、そうそう。帰宅時はしっかり雨に降られ、カッパ着用だったのですが、
尻はずーっと水を受けているので、家に着く頃には、さすがに浸みてしまいました。
翌朝、衝動的に、これをポチっと。
ASS SAVERSのORIGINALです。
IMG_4014_R.JPG
長いのやら、幅の広いのやら、バリエーションがありましたが、とりあえず、どんなものか試してみたかったので、ORIGINALにしてみました。
これからの季節、ロード練でも出番があるかもしれませんね。
そのうちインプレしたいと思います。
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です