ミラーの交換 (CAT EYE BM-45)

FORCIA号では、BUSCH+MULLERのサイクルスター 901/2を使っていました。
IMG_4079_R.JPG IMG_4087_R.JPG
(⇒詳細は代理店のサイトを参照)
これは、本当に見やすくて良いモノなんです。
KRYPTON号に乗り換えるにあたり、このミラーも移植したわけですが、ちょっと不都合な点が発覚してしまいました。
ダンシングするとかなりの確率でミラーに膝が当たってしまうのですね。
FORCIA号と較べるとハンドルが3cm程高い状態なので、当たりやすいのでしょう。
そのうちハンドルは下げるのですが、それまでこの状態なのはちょっとなぁ…。
…というわけで、前から気になっていたCAT EYEのバーエンドミラー BM-45を試してみることにしました。
1178_img1_R.jpg
(⇒詳細はメーカーのサイトを参照)
これも、901/2とよ~く似た製品ですが、ミラーの直径が45mmと、901/2の60mmと較べると一回り小さくなっています。
これなら膝に当たりにくそう。
届いたので、付ける前に較べてみました。
IMG_4536_R.JPG
左が901/2、右がBM-45。
直径差は15mmですがそれ以上の違いを感じさせます。
ちなみに、重量的には901/2が57g(実測値)なのに対して、BM-45は35g(公表値)。
重量差も結構ありますね。
取り付けや角度調整の方法は901/2と同じです。
しいていえば、角度調整は901/2の方がヌルッと動く感じで微調整がやりやすく、私は好きかな。
視認性は、サイズの違いどおりの印象で、小さくなった分、ある程度は犠牲になります。
でも、後方から車が接近しているかとか、隊列走行時に後続が遅れていないかどうかは、十分に確認可能です。
交換してから何回かロード練で使ってますが、肝心な膝との干渉も全くなし。
試してみた甲斐がありました!
視認性だけは若干劣りますが、軽量化にも貢献してくれるし、当面はBM-45を使ってみようと思います。
901/2は、平坦で交通量が多いルートのロングライドのときにでも、役に立ってもらいましょう。
紹介した商品はAmazonでお買い物できます。
あれ、BM-45は画像が間違えてるような。。。(^^;
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です