榛名山麓一周100kmライド

今日は余った年休の消化日。
昨日のエントリで、モチベーションが上がらないと書いたのですが、ともかく乗ってみよう!ということで、ロード練へ!
選んだルートは、榛名山麓一周。距離は90km~100km、獲得標高は1,000m程度でしょうか。
何となく、一年に一回はこのルートを走る感じになっています。
距離も獲得標高もちょうどいい感じなので、もっと走ればいいのにね。
途中で撃沈したら困るので、絶対に追い込まないと心に決めました。
補給も小刻みに摂る作戦。栗村さんの本で紹介されていた、かし原の塩ようかんです。
ボトルの中身も、水ではなくCCDドリンク。
あと、お昼を回ってしまうだろうから、カミさんが作ってくれたおにぎりを持参。
なので、めずらしくドイターのリュックを背負ってのロード練となりました。
東吾妻の辺りは桜がまだ満開。水仙街道の水仙も綺麗だったので、そういうのを楽しみながら進みます。
途中、大戸の関所跡の脇を通ります。
あの国定忠治が処刑されたところです。
この関所は想像で復元されたものだそうです。
年休消化デー(^^)
ここから萩生峠までの上りも、踏まずに回せるギヤでゆっくりと。
倉渕に下ってからは、しばらく下り基調なのですが、東からの向かい風がつらくて…。
お昼も回ってお腹も空いたので、道の駅 くらぶち小栗の里で、おにぎりを補給。
2階に休憩室がありますが、晴れてて気持ちいいので、2階のバルコニーにあるベンチで。
このベンチがいい感じ!
背もたれがちょうどいい角度なんですね。気に入りました。
相変わらず東風が強いので、途中から烏川の対岸へ。
こちらは山間のアップダウンのあるルートになりますが、予想通り風は弱め。
榛名の下村の信号からフルーツラインへ上り、なんとか、井戸尻まで。
ここまで来れば、我が家までは下るのみ。
家が近づき、edge500をみると95km。
どうせならあと5km走るかと、平坦をクルクルと。
100kmでゴールとなりました。
平坦は快調でしたが、上りで少し踏もうとすると途端に脚に来る感じ。
やっぱり脚力が衰えてるのか、それとも、しばらく上りを走ってないから走りかたを忘れちゃってるのか…。
いずれにしても、精進あるのみですね。
モチベーション、少し上がった気がします。
やっぱり、何も考えずに乗ればいいんですね!
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です