赤城山・2回目

7/2(土)、今季2回目の赤城山へ行ってきました。
先週に続いて、『序盤ゆっくり作戦』を試します。
朝からムシムシしてましたね~。
信号待ちの度に、Racing Jacketのレンズは曇りまくり。上り始める前に外してヘルメットに挿しておきました。
そしたら早々に眼に埃が入ったりして。まぁそんなもんです。(^^;
畜産試験場の信号で後ろから追いついてきた人に、しばらく付かれて。
ミラーに大きく写って鬱陶しくて…、昨年までだったら少しペースを上げてしまうところでしたが、ガマンガマン。
しばらく付かれていましたが、『こんにちはー』と涼しい顔で抜いていかれました。
PINARELLOの電動コンポ組。いい機材ですね。
旧料金所あたりでは雲行きが怪しくなり、Edge 500の画面にも水滴が。
これはゴールまで行けないかもなぁ…。それならそれでいっか、言い訳できるし。
なんて、ダメダメなことを考えながら上ります。
いよいよ森林区間。ここから姫百合駐車場までが私にとっての鬼門です。
インナー×ローを使うことも厭わず、脚に負担をかけないように上ります。
心を折られそうな直線。はるか前方にはさっきのPINARELLOが見えます。
最近、上りでは視線を落としていた方が楽な感じ。
変わらない景色を見ているよりも、路面が流れているのを見ていた方が心理的にもいい感じがするのです。
今回もそんな感じで上ります。
見上げる度に、PINARELLOが近づいているような、いや、変わらないような…。
気にせずに淡々と上っていったのですが、第1カーブが近づいてきた頃、いよいよPINARELLOがぐっと近づいてきました。
パスしていった人をパスし返すとか、宣戦布告的な感じでイヤなのですが、ペースがかなり落ちているようなので仕方なくパス。
すると、案の定、また付いて来ましたね…。(-_-)
しかし、こちらはこちらのペースなので、気にせず上ります。
第1カーブ。
MTBで上る青年と挨拶を交わしてパス。爽やかな青年でした。
そういえば、森林区間に入ってすぐ、MTBを押して上る青年とも爽やかに挨拶を交わしましたが、お仲間だったのかな…。
第1カーブの標識には斜度が10%近くあるように書かれていますが、一息入れられるポイントですね。
ふとミラーを見ると、例のPINARELLOはおらず。
さっきまでぴったり付いていたのに、標識で心が折れてしまったのでしょうか…。
そこからはしばらく一人旅。
まぁ、時おり抜かれた気がしますが、一瞬の出来事なのであまり記憶なし。
一杯清水を越えて、最後のつづら折り。
前方にローディーを捕捉。DURAのクランクがカッコ良かったなぁ…。
追いつけそうな感じがするものの、ぐっと緩くなった傾斜で、先方もペースが上がって。
最後の右カーブで追いつけたのに、さらにペースが上がって。
いよいよラストの直線。Edge 500をみると1h48m。
自己ベストは先週の1h51m。これは更新できそうだけど、なんとか1h50mを切りたい!…と、もがいて、ゴール!
自己ベストを2分ほど更新の1h49m。
ようやく1h50mを切れました。
エントリー時の自己申告タイムを後追いで達成。(^^;
序盤ゆっくり作戦で、2週連続で自己ベスト更新!(^-^)
今日のソフトクリームは安定感バッチリ。
フォロワーさんが、フルームのタイムが貼ってあったというので、そんなはずはないだろう…と見てみたら、
やっぱりフルームはケタ違いの速さ! ( ^ω^ )
ありました。カタカナだし。(爆)
『序盤ゆっくり作戦』は、やっぱりいい感じ。
最後のつづら折り、前方にローディーがいてくれたのでペースが上げられた気がします。
しかし、最後にもがける位なら、途中のペースももう少し上げられたということですよね。
これが次回以降の課題かな。
これからの試走で、ペース配分について試行錯誤してみたいと思います。
できれば、1h45mを切りたいなぁ…。
ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です