アミノ酸やプロテインについて考える


■アミノ酸 vs プロテイン

ロードバイクに乗るようになってから、アミノバイタルを飲むようになりました。
先輩ローディがその効果を絶賛していたので。
ライド後に飲んでおけば、マッサージをしなくても筋肉痛になることは滅多にありません。
逆に、飲み忘れると、ちゃんとマッサージしないと筋肉痛になることが多いです。
そんな感じで、私も回復効果は体感できています。
もっぱら、アミノバイタルプロを使っています。
山によく行くようになってからは、ライド後にプロテインを飲むようになりました。
筋力不足を痛感したのと、超回復効果を狙ってのことです。
その一方で、アミノバイタルプロの摂取量は減っていました。
プロテインはアミノ酸の元ともなるということで、コストカットです。(^^;
ザバスのホエイプロテイン100か、ソイプロテイン100がお気にいり。
   
こんな感じで何年かやってきましたが、最近は平日もローラー練をするようになったこともあり、改めてアミノ酸やプロテインのことを調べてみました。
 ・身体の中で生成できない必須アミノ酸のうち、BCAAは筋肉の回復や分解防止の効果を持つ。
 ・アミノ酸は腸でダイレクトに吸収されるので、30分程度で吸収される。
 ・プロテインは吸収に3~4時間かかるが、アミノ酸をバランスよく摂取できる。
アミノ酸は吸収が早いので、運動前・運動中にBCAAを飲めば運動中のパフォーマンス維持にも効果があるとのこと。
ライド後の回復のことだけ考えるのであれば、これまでどおり、プロテインだけでも良いのかもしれません。
しかし、ライド前・ライド中にBCAAを摂れば、ヒルクライムのタイム向上や、日々のトレーニングの効果を高めることができそう!
実は、ライド前にアミノバイタルプロを飲んだことは過去何回もあります。
…が、パフォーマンスの面では、明確な効果は体感できていなかったのです。
まぁ、コースが違ったり、気候が違ったりしますからね…。
改めて、先日の赤城山試走でアミノバイタルプロをライド前に飲んでみました。
今シーズンはそれまで6回試走しましたが、タイムは1h48m~50mの間で安定していたのでした。
前半で踏めば後半に失速するし、前半で温存すれば後半に脚が回って、たどりつくのは結局いつものタイムという感じでした。
7回目の試走となった今回は、前半でいつもよりも踏んでいたのに、後半になっても、脚が回る感覚。
そして、タイムは1h41mと、いきなりの7分短縮!
3つの区間に分けたラップも全て自己ベスト!
気候が涼しくなってきたこともあるのでしょうが、『アミノバイタル』の効果も少なからずあったようです。

■BCAAサプリを買ってみた

こうなると、ライド前・ライド中のBCAAはマストです。
とはいえ、アミノバイタルを日々のローラー練のたびに摂るのは金銭的に厳しく、安いBCAAサプリ探しの旅に出発。
…で、すぐに見つけたのが、 MRM BCAA+G1000 レモネード味 1kg です。
1kg入りのものがAmazonで4,000円。
1回あたり6.5gが適量なので約154回分。
コスト的には1回あたり約26円。
なんというコストパフォーマンスでしょう!
早速ポチってみました。
注文した当日に発送メールがあり、”NW”から始まる追跡番号が書かれていたのですが、配送業者が分からず。
問い合わせてみたら、佐川グローバルでした。
で、5日後に到着。
IMG_5234_R.JPG
比較用にカッターナイフを置いています。
やや小ぶりのカッターナイフですけど、なかなか存在感のあるボトルです。
臭いというレビューがあったので、早速開けてみます。
IMG_5235_R.JPG
うーん、まぁ、ワタクシ的には許容範囲の匂いです。
小さめのスプーン1杯(約2g)を飲んでみました。
直接口にインです。(^^;
いきなりむせそうになりましたが、我慢して水で流し込みます。
味わう余裕はありませんでしたが、普通に飲めますね。まったく問題なし。
次の日、ちゃんと軽量して飲んでみました。
1日2回に分けてスプーン3杯(6.5g)分を飲むべし、と英語で書いてあります。
1回目はエクササイズ前、2回目はエクササイズ直後。
小さいスプーンでちまちま軽量するのは面倒なので、余っていたザバスのプロテイン付属の計量スプーンを使ってみました。
6.5gは、こんな感じ。1g単位の秤なのでスミマセン。
IMG_5236_R.JPG
横から見ると計量スプーンに線が入っていますが、線ちょうどか、ちょっと下くらいが適量のようです。
これならわかりやすいですね。
IMG_5237_R.JPG
プロテインのシェーカーで水に溶かしてみました。
IMG_5238_R.JPG
水は適当に150mlで。
IMG_5239_R.JPG
さぁ、溶けるでしょうか・・・
IMG_5241_R.JPG
おぉ、泡がすごいことに。
IMG_5242_R.JPG
数分後、泡が落ち着きました。
BCAAは、溶けたというよりも混ざっている感じではありますが、沈殿はしておらず。
飲んでみました。
レモネード味とのことですが、期待はしない方が良いです。
飲めないほどではありませんが、これを水に溶かしてトレーニング中に飲みたいかと言われれば、あまり飲みたくない感じ。
トレーニング中に飲むドリンクが水以外なのであれば、それに混ぜてしまえば気にならないかもしれません。
私は、ローラー練の時は水なので、先に150mlのBCAA溶液を作って飲むことになりそうです。
当分このBCAAのお世話になりますので、気が付いたことがあれば、またレポートしたいと思います。

■他のアミノ酸サプリ

アミノバイタルの顆粒、1回分ずつパウチされている点で、携帯性が圧倒的に優れています。
BCAA以外のアミノ酸も含まれているので、決戦用や、持ち歩き用としてこれからも併用していくつもりです。
あと、BCAAサプリとして、たまに使うのが、グリコ パワープロダクションのクエン酸&BCAA。
これも回復の効果は高いと感じています。
が、あくまでも私の場合のハナシですが、酸味が強いせいか、喉が渇く感じがして早くボトルが空になってしまうのです。
なので、1本目のボトル用としてはあまり使いません。
ライドの時には必ずこれのパウダーを持参して、2本目のボトル用として、ヒルクライムからの帰りに使ったりします。
あとは、翌日まで疲れが残ってしまったときに、リカバリードリンクとして飲んだり。

…というわけで、今回、また一つ勉強になりました。
人間の身体って本当にすごいなぁ…と思います。
そして、ロードバイクという趣味も、本当に奥が深いなぁ…と。
長く続けられるように、これからもいろいろ勉強していきたいと思います。
ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です