ビブパンツの修理・その2(完了編)

先日の記事で、パールイズミにビブパンツの修理をお願いした件を書きました。
件のビブパンツ、修理が終わって戻ってきました。

3週間後に到着

6/22に、佐川急便で届きました。
IMG_6103_R.JPG
IMG_6104_R.JPG
5/31に発送してから3週間。予定どおりの納期です。
納品書と請求書が同封されていました。

さて、出来ばえはいかに…

電話で相談した際に伺っていたとおり、当て布を外から当てる方式での補修。
IMG_6105_R.JPG
パッドの後ろ半分を一回り大きく覆った感じですね。
履いてみるとこんな感じ。
見苦しいケツですみません(^^;;
IMG_6120_R.JPG
担当の方は見栄えが悪くなることを気にされていましたが、ぜんぜんOKじゃないですか!
パッドが弾力を取り戻しているような気がするのですが…、これは気のせいかな…??

気になる料金は…

請求金額は、これも先に伺っていたとおりの1,500円。
請求書に記載された銀行口座に振り込み。
しっかし、これでビブパンツが延命できるのですから、ありがたいですよねぇ。
結構大きい範囲を補修してもらったのに、この金額で良かったのかな。(^^;;

まとめ

…というわけで、大満足の修理サービス体験でした。
ダメ元で相談したときのご担当者の対応、丁寧な縫いあと、ありがたい料金設定…。
このサービスのおかげで、安心してウェアを着ることができますね!
落車等での穴あきはもちろん、今回のように、経年劣化で部分的に薄くなってしまったようなものも修理していただけますので、捨てる前に相談してみてはいかがでしょうか。
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です