小型サーキュレーターをローラー練で使ってみました

先日買った小さなサーキュレーター、アイリスオーヤマ PCF-C15 の2回目のレポートです。
その後、ローラー練で何回か使ってみました。
この季節は、暖房器具を止めてからローラー練をスタートします。
室温的には20℃位になるでしょうか…。
SSTx20分や、L5x6分x2本などを交えた1時間弱のメニューでは、風量は『静音』~『中』までで十分。
体幹部分のオーバーヒートは十分に防いでくれました。
私の場合、頭からの汗が一番多いのですが、これもだいぶ減りました。
ヘッドバンドで食い止められる程度。
タオルを使わなくても大丈夫だったので、そういう意味では siroca SCS-401 よりも効果的に冷やせているのかもしれません。
『強』にすればかなりの風量になるので、夏場もきっと大丈夫かな…と考えています。
エアコンも併用しますしね。
しいて難点をあげるとすれば、リモコン操作の反応がイマイチなところでしょうか。
リモコンの受光部は、ファン下の奥まったところにあります。
IMG_7032_R.JPG
私がローラー練をする場合、右手でファンの真上付近からリモコン操作する形になります。
これだと受光部は完全にファンの影になってしまうのでした…。
左手で操作すれば、角度が緩くなるので若干改善しますが、それでもイマイチ。
…で、サーキュレーター前に鏡を置いてみたら、右手で真上からでもバッチリ!
IMG_7033_R.JPG
まぁ、こんな程度のことです。(^^;;
ちなみに、リモコンはカード型です。
IMG_7034_R.JPG
穴に紐を通せるので、隣の棚にぶら下げてます。
ハンドルにもぶら下げておけますね。
こんな感じで、快適にローラー練ができています。
コンパクトで邪魔にならない点も良いです。
ローラー部屋が狭い人には、オススメの一品です。
アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-C15
by カエレバ
この冬は外は数える程度しか走っていません。
ローラー練ばっかり。
時間的にも効率がいいですし、怪我の心配も少ないですし、なんか楽ちんですよね。
外を走っても、意外とストレスに感じることが多いですしね。
快適な環境とZwiftで、ローラー練もそれなりに楽しくなってきた今日この頃です。
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です