サイクルウェアのサイズ

せっかく週末にフリーな時間をゲットできても体調が悪かったり…。
そろそろハルヒルの試走に行きたいのになぁ…。
TSSが稼げない代わりにフラストレーションが溜まりまくっています。
さてさて、最近分かってうれしかったことを書いておきたいと思います。
サイクルウェアのサイズって本当に大事ですよね。
ロードバイク歴6年にして、ようやくそれが分かってきました。

適正サイズ初体験

きっかけはRaphaのジャージ/ビブパンツを買ったこと。
私にとっては高い買い物でした。
慎重に慎重にボディサイズを測って、サイズチャートと睨めっこして…。
本当にこのサイズで大丈夫なのかな…と不安になりながらも発注。
届いたジャージは、これまで着たウェアとは比較にならないくらいタイトなものでした。
でも、実際に乗ってみたときの快適さは衝撃的でした。
ジャージは、胸から腹にかけてのたるみがないのでバタつかず、ポケット位置がだらーんと下がることもなく、きっちり背中にキープ。
ビブパンツは、チ●ポジがばっちり決まり、ダンシング~シッティングを繰り返してもパッドが尻にぴったりフィット。
この日のライドは、快適だし、疲れも少ないし、股の痛みも出ないし、さらにはパフォーマンスも良かったし…といいことづくめだったのでした。
適正サイズだとこんなにも違うものなのか…と驚愕。
届いたときには返品・交換も考えましたが、思いとどまって良かったです。
というか、交換したくても上のサイズが品切れだったんですけどね。(^^;;

これまでのウェアは実は大きすぎ

この体験をしてから、他のウェアを着てみるとゆるゆる感がすごくて。
ジャージはまだ我慢できるのですが、ビブパンツの緩いのはもうダメですね。
一度あの快適さを味わってしまうと、ゆるゆるなのは体が受け付けなくなってしまいました。
特にひどいのは、チームジャージ(上下)。
試着もしていたのに、なんでこんなに大きいのにしたのでしょうね…。
レース本番ではチームジャージなので、そのフィット感はとても大事。
だいぶくたびれてきたし、思い切って新調することにしました。

チームジャージのサイズを再選定

今回は慎重にサイズを選びたいところです。
我がチームのジャージはWAVE ONEでオーダーしたものです。
まずは、公式サイトのサイズ表で適正サイズを調べてみます。
サイズ表には、製品の仕上がり寸法が記載されているので、手持ちのジャージとの比較で検討します。
パンツの方には適合ヒップサイズの記載もあるので、それも参考にしながら。
その結果、1サイズダウンは余裕、2サイズでも行けそうな雰囲気。
しかし、確証がないし、前回試着したときの印象が頭をよぎります。
もう失敗したくないし、そのためだったら送料くらい喜んで負担しましょうと、試着サンプルを発注です。
生地の違う2種類のジャージと、ビブパンツ、それぞれS/M/Lです。
IMG_7184_R.JPG
サンプルは、ただ試着するだけではなく、実際に乗ってみることが推奨されています。
私も、ローラーを回しながら試してみました。
とっかえひっかえして試した結果、選んだのサイズはジャージがMビブパンツはS
上下とも2サイズダウンとなりました。
事前の検討どおりですね。
試着サンプルと一緒に取り寄せたカタログには、ヌードサイズの記載がありました。
私のボディサイズと比較して、マッチするところに色を付けてみました。
サイズ 身長 バスト ウェスト ヒップ
S 153-160 80-88 70-78 82-90
M 160-167 88-94 74-82 88-96
L 167-174 94-98 78-86 94-102
XL 174-180 98-102 82-90 100-108
177 88 75 90
ジャージは胸囲とウェストで、パンツはヒップで選ぶのがセオリーと言われていますが、
そうすると、ジャージ、ビブパンツともに S or M が適正になります。
試着で選んだサイズとも合致。問題なさそうです。
それにしても、身長はなんの目安にもならないですね…。
ちなみに、別の生地のジャージですが、伸びやすさの違いからか、サイズ感も小さ目な印象を持ちました。
同じメーカーの同じサイズでも生地によって違うとなると…、やっぱり試着がベストですね。
というわけで、適正サイズのチームジャージを追加発注しました。
ハルヒルには間に合ってくれるかな。
ジャージは、大きいサイズでもそれなりに着られてしまいますが、ちゃんとフィットしたものの着心地は異次元です。
最も体に接するものなので、真剣に選ばないとダメですね。
今さらながら、気付けて良かったです!というお話でした。
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です