IBERAの軽量ボトルケージ

昨年からコアラボトルを愛用しています。
使い勝手が良いし、デザインもお気に入り。
しかし、ヒルクライムとなると、少々重量が気になります。
(最後の悪あがきレベルのものですが…。)
それよりも、疲れてくると、ボトルを取るときに磁力に負けそうになったり。
ハルヒルの試走では、これをストレスに感じるようになっていました。
ボトルを取るのがストレスになると、知らず知らずのうちに給水をサボってしまいがち。
脱水や、足攣りにもつながってしまいます。
で、ハルヒル本番ではボトルケージを変えていました。
IMG_7395_R.JPG
IBERA IB-BC10、Amazonで千円位で売っているアルミ製のボトルケージです。
IMG_7340_R.JPG IMG_7343_R.JPG
公称重量は32g(+-2g)。
持った感じ、確かに軽いです。
実測してみると…、
IMG_7341_R.JPG IMG_7342_R.JPG
ボトルケージが28g、ボルトが2本で4g。
公称値にはボルトも含んでいるのかな。
この真面目な感じ、好きだなぁ…。
ちなみに、手持ちのボトルケージの重量はこんな感じ。
ELITE CUSTOM RACE 44g
MINOURA DURA CAGE 38g
KOALA BOTTLE
KB Magnetic Cage
KB Magnetic Ring
53g
17g
IBERA IB-BC10 は斜めに脱着するタイプで、ダウンチューブに付けた場合は右手専用となります。
斜めタイプを使うのは初めて。
レースでボトルを落としたら大ヒンシュクなので、念のためにローラー練で練習しておきました。(^^;
コアラボトルで逆手に慣れていたのですが、順手の方がスムーズだなぁ…とか。
あと、ボトルとの相性も事前に確認。
CCDドリンクのおまけボトルは緩すぎで不安な感じでしたが、CAMELBAKは良さそう。
ハルヒル本番では、Rapha Bidon (CAMELBAK製) を使いました。
練習と、相性のいいボトルの選択の甲斐もあって、それはもう完璧な使い心地!
安くて軽い、その上使いやすいと三拍子揃っちゃいましたね。
すっかりお気に入りアイテムとなりました。
IBERA IB-BC10、コスパ最高でオススメです。
Ibera(イベラ)ボトルケージ/ドリンクホルダー 軽量合金30g
by カエレバ
でも、普段使いは、引き続きコアラボトルかな…。
戻すときの『カチッ!』が気持ちいいんですよね~。
IBERAの次の出番は、赤城山ヒルクライムかな…。
おそらくダブルボトルになるでしょうから、ボトルチェンジも練習しないと。
Share this :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です