ランにはまって物欲発散

2020年秋の「歩活」を機にランを始めました。元来の凝り性に火がついて、NIKE Zoom Fly 3、トレッドミル、Garmin Fore Athlete 745…と物欲発散。ますますハマっていきそうな今日この頃です。

「みんなで歩活(あるかつ)」というkencom主催のイベントがありまして。チームを組んで約1ヶ月間、歩数を競うものです。昨年秋はウチの会社もテレワークを推している中で、積極的な参加を促されました。そういえば、私もテレワークで歩数はめっきり減っていました。これを機に、朝ランでも始めてみようかな…と参加したのでした。

というのが2020/10/21からのことです。その歩活はとっくに終わっているわけですが、その後も朝ランは日課になっています。平日は3km、休日は不定期で5km~10km位。今は、ロードバイクとのバランス的にも、このくらいがちょうど良い感じです。

実は、20代の頃には会社の先輩に誘われてマラソン大会にも何回か出ていたのでした。楽しい職場だったので、和気あいあいと昼休みにも練習ランしてましたねー。フォームとか何も考えていなくても、若さだけでハーフの完走くらいはできていました。しかし、あれから30年経った今では、そうはいきません。身体を壊したら楽しめなくなるのはもちろんのこと、家族や周りの人にも後ろ指を指されてしまいそうで。(笑)

ランを始めるときは正直、一撃で膝を壊すんじゃないかとドキドキヒヤヒヤでした。でも、意外と大丈夫。今のところは、痛みが出ることもなく楽しめています。ロードバイクで自分の身体と向き合ってきたこともあり、違和感にはかなり敏感。無理する前に、休息や修正ができているようです。

まずは、3km 程度なら難なく走れるじゃん!ということだけで嬉しくて、さらに、最初のうちは、どんどんタイムが伸びていくのが楽しかったです。Garmin vivoactive 4で採れるランのデータは、心拍数、ペース、ピッチ、ストライド程度。これらの値から考えたり調べたりしながら、楽になったり、タイムが伸びていくのが楽しいのです。五十路を過ぎてから、こんな感覚を再び味わえるとは思っていませんでした。

ランへのハマりっぷりの過程を書いておきます。

2020/11/15 ランニングシューズを新調

それまで、普段履きのスニーカー(一応はランニング用)を使っていたのですが、NIKEの厚底、Zoom Fly 3 (ナイキ ズーム フライ 3)に履き替えました。

ものすごいクッション感!フワフワした走り心地に戸惑いながらも、勝手にペースが上がる感覚があって気分は最高!このシューズが自分にとってベストな選択かは分かりませんが、気分が上がることが一番大事!

2021/01/10 トレッドミルを購入

次は、まさかのトレッドミル。私ひとりのために、こんなに場所を取る物は到底無理です。自分の書斎部屋に置こうにも、既に Zwift Cycling 環境が場所を取っているし、木造の2階では騒音・振動の問題も。しかし、ダメ元で「ルームランナー買わない?」と切り出してみたところ、あっさりとお許しが出ました。…というか、むしろ、妻の方が乗り気に。妻もウォーキングしたいと思っていたのでした。

その頃、朝ラン 3km でキロ5分ペースを切れない程度だったので、伸びしろ分もみて Max 16km/h のものを選択。購入しやすい価格帯でレビューも良い BARWING BW-SRM16 をポチっ!

これで雨でも朝ランできるようになったのですが、初めて使った日、私の汗の量を見た妻にドン引きされて以来、自主的に遠ざかっています。悲しいかな、自分が使ったのは一度だけで、ほぼ妻専用になっています。しかし、雨ならZwift(バイク)でいいか…となることの方が多いので、実際、私にはあまり必要がなかったのかもしれません。

あ、そうそう。トレッドミル用のランニングシューズも購入したのでした。外用の Zoom Fly 3 と違和感が少なそうなもの…ということで、Rival Fly 2(ライバル フライ 2)を選択。

先に書いた通り、トレッドミルを使ったのは1度だけ。このシューズも1度しか履いていませんが、少なくとも人生初のトレッドミルで違和感なく、無事に 3km を走り終えることはできました。

2021/03/28 Garminウォッチを新調

ランにハマるにつれて、タイムも距離も停滞気味になってきました。ピッチもストライドも毎回、同じような値。データフェチな私としては これらの vivoactive 4 で記録できるデータだけでは物足りなくなってきました。

Garminウォッチで、ランニングダイナミクスの測定ができる機種があることは知っていました。中でも ForeAthlete 745 は、欲しい機能とコストが私にとってベストバランスで、2020/10/1に発売されたときから興味津々。

時を同じくして、Garmin Edge 520 のバッテリーがヘタってきていました。出先でバッテリー切れを起こしそうになった時、Garminウォッチでバックアップできたら便利なのですが、vivoactive 4 では残念ながらパワーメーターとの連携ができないのです。ForeAthlete 745 であれば、それができるし、むしろ Edge 520 よりも高機能なロギングができるほど。

物欲はピークに達し、超PayPay祭のグランドフィナーレまで我慢して、ポチっ!


これがなければ楽しみも半減なので、 RUNNING DYNAMICS POD (ランニングダイナミクスポッド)も、ポチっ!

vivoactive 4 を買ってからまだ1年も経っていなかったのですが、それでも、ForeAthlete 745 + RUNNING DYNAMICS POD は買って良かったと思えるモノでした。使用感は、少しずつレポートしていきたいと思います。

そうだ ForeAthlete 745 があれば、Zwift Run も簡単にできるんですよね。トレッドミルもあることだし、そのうちまた使わせてもらおうっと。

2021/04/27 2度目の歩活

そして、この4/27から春の歩活が始まりました。職場仲間10人のチームで参加しています。チーム内のランキングが表示されるので、モチベーションが上がりますね!朝ランは「平日3 km」が定番になっていたのですが、期間中はなるべく「毎日5 km」で頑張りたいと思います。

ロードバイクに加えてランを始めたわけですが、やっぱり、それぞれ違った楽しさがありますね。私は最近、Zwift Cycling には飽き気味なので、朝ランでトレーニング量を稼いで夜のローラー練は量を減らしたりしています。(ランがロードバイクのパフォーマンスアップにどのくらい寄与しているのかは分かりませんし、そもそも、ランのトレーニング量管理についてはまだ試行錯誤中ですが…。)うまくバランスを取りながら、楽しいのが一番!をモットーにやっていこうと思います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
Share this :

投稿者: katsu

職業: 金融系SE 好きな音楽: YMOとその周辺/サカナクション/アンビエント ウェブサイトURL: https://www.ktktmt.com 一言: シンセ(JUNO-106, CS-5, V50) / MTB(MuddyFox 1991) / バス釣り / 写真(K100D)…、 最近はロードバイク(ARGON18 KRYPTON 2015 & Corratec FORCIA CA+ 2012)にハマってます。モノが好きなのでいつも物欲沼に埋もれてます。

「ランにはまって物欲発散」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です