GARMIN vívoactive 4 買いましたが…

■2020/05/07・外部心拍センサーを接続したときの動作について、さらに追記しました。
■2020/05/05・外部心拍センサーを接続したときの動作について追記しました。

vivosmart J HR+ もそろそろ…

胸バンド式の心拍センサーが煩わしくなって Garmin vivosmart J HR+ を買ったのが2017年8月。もうすぐ3年、というところです。色々ありましたが、ここのところは心拍計としては問題なく運用できていました。
しかし、だいぶ前から GPS を受信できなくなっていたり、心拍転送モードで不安定な挙動を見せたりするようになっていたりして、そろそろ買い替えかな…と思うようになっていました。

vivoactive 4 に決定

乗り換え候補ですが、Edge に ANT+ で心拍データを転送したい という点が主目的となると Garmin 以外の選択肢はありません。それでも数多い機種の中から予算と照らし合わせて2機種に絞り込みました。

タフなデザインが好みな Instinct と、多機能な点で優る vivoactive 4 。迷いに迷って、最終的に vivoactive 4 を選びました。

一番の決め手となったのは VO2Max の計測機能かな。コロナ外出自粛の中、ロードバイクでの実走は怪我のリスクがあるので控えていますが、その代わり、たまには家の周りでランニングでもしようかな…と。VO2Max の計測機能はランへのモチベーションになりそうなので。

あとは Connect IQ 。Instinct には登山向けのナビ機能があり、その点では魅力的だったのですが、vivoactive 4 でも ConnectIQ でアプリを入れれば同じようなことは出来そうだな…と。というか、ConnectIQ に対応していることで、今後出てくるであろう多種多用な要望にも、かなり応えてくれそうな気がします。

ミュージックプレーヤー や GARMIN PAY は、vivoactive 4の売りの機能だと思いますが、スマホを常に持ち歩く私にとっては正直、必要性を感じません。ただ、GARMIN PAY は Suica 対応になることで、便利そうであれば使っていこうと思います。

到着!

というわけで、到着しました。

ご覧の通り、私が選んだのは Black Slate です。

Zwiftでシェイクダウン!しかし…

喜び勇んで、Zwiftのグループライドで使ってみました。

問題なさそうなことも確認でき、しばらくはグループライドに集中できていたのですが…。

異変に気付いたのは、スタートから25分を過ぎた辺りです。上り区間、パワーが峠のピークに向けて徐々に高まっていく中で突然、心拍数が100 bpm以下に落ち込みました。その後、39分~40分辺りでいったん復旧するも、またしばらく80 bpm 近辺をキープ。おかしいと思い、55分辺りで何回か意図的に踏んでみました。心拍数は微妙に付いてくる動きを見せるものの、またストンと落ちています。バンドの締め付け具合を調節してみるも、状況は変わらず…。

ここのところLSD的なメニューばかりだったから毛細血管がメチャ発達したのかもしれないなぁ…とか、おめでたいことを考えてみたりもしました。しかし、トレーニング終わりに、心拍数が 100 bpm 以下に下がるまでクールダウンを行うことを習慣にしているし、それには結構な時間がかかることも分かっています。冷静に、不具合を疑わなければならなそうです。

事象切り分け

その後、何回かの Zwift で試してみました。幸いにも、ガーミン製の他の心拍計を所有しているので比較が簡単にできました。vivoactive 4 と vivosmart J HR+ を左右の腕に着け、さらに胸バンド式のHRM2-SSも久しぶりに装着し、Zwift や Edge の画面上で各センサーの値を見比べながら、事象の切り分けを行いました。

その結果は、ざっと以下の通りです。

  • 比較対象の2機種は正常
    全域にわたって、vivosmart J HR+ と HRM2-SS の誤差は数bpm程度しかないため、どちらも正常であると思われる。
  • 平常時は問題ない
    トレーニング開始後ある程度の負荷の範囲では、vivoactive 4の値は他の2機種とほぼ同じであり問題ない。
  • 負荷がかかると突然異常値になる
    じわじわ上げていくと、140 bpm辺りまでは問題なく付いてくる。しかし、さらに上げていくと、vivoactive 4だけがストンと落ち、100 bpmを下回るような値で低空飛行を続ける。

これでは、トレーニングの指標としては全く使いものになりません。普段の生活の中でも、徒歩のペースを上げたり、階段を小走りで上ったりしても、ライフログに反映されない可能性が高いと思われます。

ライフログに関しても、ここのところステイホームで毎日同じような生活を繰り返しているので、比較にはちょうど良いです。Garmin Connect の心拍数グラフでトレーニング時間帯以外の心拍数の動きを較べてみると、vivosmart J HR+で記録したものは、日に数回 120 bpm 以上を記録しているところ、vivoactive 4になってからは 100 bpm 程度までの範囲に収まっているものばかりです。

交換?修理?

というわけで、ショップに初期不良と思われることを連絡すると共に、ガーミンジャパンの修理窓口へも依頼を行いました。GWでショップもガーミンも休業中。GW明けを待ってからの連絡では、どちらの初期不良対応も受けられなくなってしまうので、致し方なく。

当面は胸バンド復活

対処が決まるまでの間、トレーニングでは胸バンドを使うことにしています。胸バンドはさすがの安定感です。このまま胸バンドに戻ってもいいかな…とも思いますが、毎日のこととなると、やっぱり着け外しや洗濯が面倒。

昨日は、Zwift でガシガシ踏んでいるときに、そんなこととは露知らず にvivoactive 4 が運動を促すメッセージを表示してきたりして、窓から放り投げたくなりました。トレーニングで胸バンドを使う場合には、vivoactive 4 にも接続しておかないとイマイチということが分かりました。そして、このセンサーの接続・切断操作がまた、地味に面倒です。

(2020/05/05 追記)
vivoactive 4 に 胸バンドを接続していると、心拍数ウィジェット上でも胸バンドの値が表示されます。しかし、ライフログとして記録される心拍数のデータは、あくまでも vivoactive 4 の光学式心拍計の値が使われるようです。vivoactive 4 の光学式心拍計を無効化すると、ライフログ上も空白の時間帯が出来てしまいます。謎仕様。
(2020/05/07 追記)
vivoactive 4 に 胸バンドを接続している場合でも、vivoactive 4 自身でアクティビティのログを記録するようにすれば、ライフログ上の心拍数のデータとして胸バンドの値が使われます。

やっぱり、ライフログの記録が習慣になっている以上は vivoactive 4 の光学式心拍計が使い物になってくれないと大変困ります。最低限、vivosmart J HR+ と同等の測定精度は持っているはずだと信じています。交換 or 修理、どのような対処になるのかは分かりませんが、真っ当な物になってくれることを願うばかりです。経過は別途、報告したいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへ
Share this :

投稿者: katsu

職業: 金融系SE 好きな音楽: YMOとその周辺/サカナクション/アンビエント ウェブサイトURL: https://www.ktktmt.com 一言: シンセ(JUNO-106, CS-5, V50) / MTB(MuddyFox 1991) / バス釣り / 写真(K100D)…、 最近はロードバイク(ARGON18 KRYPTON 2015 & Corratec FORCIA CA+ 2012)にハマってます。モノが好きなのでいつも物欲沼に埋もれてます。

「GARMIN vívoactive 4 買いましたが…」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です